自分で出来るエアコン洗浄は購入時の機種選びがポイント

これからの季節エアコンの汚れが気になる季節になりました。
使えば必ず汚れるエアコン、家計の為にも少しでも安くしたいとお思いの方も多いのではと思います。

埃で目詰まりしているフィルター普通フィルターを取り外し、掃除機でホコリや汚れを吸い取っている方が多いのではないでしょうか?その際掃除機は埃が付着している表側から掃除機をお当てます。

裏側から当てるとホコリが逆にフィルターの目に詰まってしまいます。その後軽く洗剤を塗布し水洗いします。そのときのポイントは、掃除機とは逆に裏側からシャワーをあてることです。

外側から水圧をかけると逆に目詰まりしてしまいます。
洗剤を使う場合は台所の中性洗剤を水で薄めた物を使い、柔らかいブラシを使えば、フィルターを傷めません。

出来るだけ室内機の奥までと頑張る方は必ずコンセントを抜いてください。中性洗剤で良く絞った雑巾でエアコンの吹き出し口とルーバーの掃除します。

脚立や踏み台に乗った状態ですので転倒には気を付けてください。これ以上のお掃除はエアコン洗浄業者に依頼した方が効率的です。

自分でできるエアコン洗浄

しかしエアコンの機種によってはご家庭でもクルクル回るファンやドレンパン(露受け)もある程度ご家庭でお掃除できる機種もあります。ですのでエアコン購入時に出来るだけお掃除できる機種を選ぶことが大切です。

その一つが三菱ルームエアコン霧ヶ峰(お掃除機能付きではありません)この機種は吹き出し口のルーバー(垂直ルーバー:風を左右にコントロールする)が左右に観音開きみたいにひらきます。

 

エアコン洗浄しやすい機種ブラシや雑巾を直接当てることができます。また一番汚れ臭いの元となるドレンパンも熱交換器(フィン)との間が広くブラシなど当てて掃除できます。

エアコン掃除をするときはまずフィン部分にホームセンターで売られている洗浄スプレーしていきます。ここはスポンジで掃除のできない部分なので一本使い切るまで念入りにスプレーしていきましょう。液が垂れますので養生は忘れずに念入りにします。

すみっこスポンジ吹き出し口の奥にあるファンは市販されているすみっこスポンジを使って取り除いていきます。ファンの内側に生えたカビをできるだけ優しく傷つけないように

中途半端にエアコンを掃除してしまうと、浮き出たカビを再びエアコンを稼働したときにまき散らしてしまうことになるので念入りに掃除していきます。

周囲を汚さないよう養生し、脚立から落ちないようまたこわさないよう自己責任で根気よく行ってください。