フローリングにワックスは必要か?

個人的経験から=結論ワックスしたほうが良いです。床ワックスの目的は、床の保護とスリップ防止に美観です。yahoo知恵袋や教えて!gooなどの解答例を見ても多くの方がワックスをした方が良いとの解答を寄せています。

フローリングワックス前のリペア修理

27年前に新築した時、大工さんにワックスの必要性を伺ったところ、大工さん曰く「木は呼吸しているからワックスはしないほうが良い」と訳のわからない説明を受けました。(今思えば変ですが)

それを真に受け十数年放置していたらリビングのキャスター付きの椅子の下の床は割れてささくれ断ち、南窓の紫外線が当たる部分は乾燥して変色してきました。

これはイカンと一念発起し、まず手始めに床のリペアから勉強を始めました。傷や割れ部分をパテで補修し、オイルステインで色を整え、床下に潜り浮きを直しワックスの塗布から剥離を手掛けるようになっていました。

フローリングの貼替え費用は業者に頼めば相場6畳の間取りで安くても15万円、自宅だと80万相当になる計算です。でも自分でリペア出来るんです。

お勧めのワックス部分補修

最も簡単で楽なフローリングワックスの方法は混合樹脂(ウレタン樹脂とアクリル樹脂を混合したもの)系ワックスを使用します。ホームセンターでよく見かけるリンレイの「オール」という商品などが扱いやすくお勧めです。

ワックスも1年ぐらいで汚れが目立つようになります。問題はここからです。汚れる部分は人の導線部分に限られます。この部分だけマスキングテープで養生し、剥離作業をします。

乾かしてワックスをすれば終わりです。初めの1週間は光沢差などありますが、時間が経てば馴染んで気にならなくなります。

家具の下はきれいですから家具を移動したりする必要はありません。40年効果があると業者に言われてフロアーコーティングしたら大変です。
実際は17,8年ぐらいしか効果はありません。剥離作業が大変な分料金も嵩みます。

その点ワックスの部分補修は家庭の主婦でも出来ます。リンレイの「オール」という商品1本680円作業できる広さは30畳程度部分作業で使用すれば10分の1以下の費用で済みます。